FX

借金どうする?

借金・・・知らぬまに増えていく借金、最初は、ちゃんと返すつもりで借りたが、利息が高くて、返済が追いつかない・・・さぁー大変 色んな知恵を貰いましょう!

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連邦破産法11条

代償請求権



民法は危険負担の制度を設けているが、債権者主義が適用される場面(上記2の、別荘を売買したが焼失した例)において、現実には保険によって処理されることも多い。つまり、売主の引渡債務の目的物である不動産が焼失しても火災保険(損害保険)に入っていれば保険金がおりる。このとき、本来なら危険を負担することになる債権者には、焼失した不動産の代わりにこの保険金を自己に引き渡すことを請求することができるという代償請求権が判決例によって認められている。これは、最終的には保険会社が危険を負担しているともいえる。



また、上記2の例において、契約当事者ではない第三者が放火したことによって別荘が焼失していた場合でも、売主(A)はその放火した者(加害者)に対して不法行為に基づく損害賠償請求権を取得するから、買主(B)はその債権を引き渡すこと(債権譲渡)や、それによって得た賠償金を引き渡すことを請求できる。この場合、最終的な危険は放火した第三者が負うことになる。




連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をうけると、破産するまえまで上...

連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をうけると、破産するまえまで上場していた場合、株式や社債などはどうなるのですか?特に株式は返済義務はないですよね。一銭の価値もなくなるのですか?(続きを読む)




GM

GMがつぶれたら経済にどんな影響が及ぶと思いますか?(続きを読む)





米破産法11条は機能不全-専門家集団が改革案


巨大企業の「正しい潰し方」? 失業・財政リスクに目隠し―米GM破綻 ...


再生エネ受け入れの限界露呈







人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo04.blog8.fc2.com/tb.php/2953-e33d75e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。