FX

借金どうする?

借金・・・知らぬまに増えていく借金、最初は、ちゃんと返すつもりで借りたが、利息が高くて、返済が追いつかない・・・さぁー大変 色んな知恵を貰いましょう!

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連邦破産法11条

債権者は、債務者から元本(元金)、及び利息を受け取る(回収する)権利があり、債務者は、融資金額の元本と、融資金額にかかる利息を支払う(返済する)義務がある。



元利均等返済

各返済日において、一回の返済額が毎回同額の返済方式である。

毎回同じ金額を返済するが、ローン残高が多い返済初期は、返済金額の内訳における利息分が多くなり、元本返済分が少なくなる。

返済が進むにつれ、返済金額の内訳における元本返済分の割合が増加するため、返済初期にはなかなか元金が減らず、返済後期には加速度的に元金が減少していく。

この返済方式は、各返済日におけるキャッシュフローが一定であるため、債務者が認識する返済金額が判りやすいという利点がある。一方、ローンの返済期間の初めのうちは返済額のうち、利息の支払に充当される割合が多く、ローン残高が減りにくいという特徴がある。また、債務者にとって元金と利息をいくら返済しているのかが判りづらいため、元金残高がいくらであるのかも判りづらいという欠点がある。

一般的には住宅ローンなどで採用されている。米連邦破産法11条と7条にはどんな違いがあるのですか?

米連邦破産法11条と7条にはどんな違いがあるのですか?(続きを読む)




アメリカの連邦破産法についてお尋ねします。

最近ニュースで出てくるアメリカの連邦破産法第11条と呼ばれる法律。 アメリカの企業が経営破綻したときに適用され 再建を目指す場合に申請するという事ですが、 日本で言うと会社更...(続きを読む)




ウラン濃縮の米ユーゼック、破産法の適用申請 東芝などが出資

コダックの連邦破産法11条適用申請に思う事など - 黄色い蛇足【旧 ...

日産 ベア3500円「満額回答」






人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo04.blog8.fc2.com/tb.php/2894-1b4d42c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。