FX

借金どうする?

借金・・・知らぬまに増えていく借金、最初は、ちゃんと返すつもりで借りたが、利息が高くて、返済が追いつかない・・・さぁー大変 色んな知恵を貰いましょう!

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 申し立て

例外としての債権者主義

民法は、次のような場合には、例外として債権者主義(債権者が履行不能の危険を負担する)をとる。

1. 特定物についての物権の設定移転の場合(534条1項)[2]
2. 停止条件付双務契約の目的物が債務者の責めに帰することができない事由によって損傷した場合(535条2項)
3. 債務や物の消滅について債権者に帰責性がある場合(536条2項)

上記1の例でいえば、買主Bが引渡し前に下見をした際に失火して、Aの別荘が消滅すれば、別荘引渡債務の債権者であるBの代金支払債務は存続する。このため、引渡債務の債権者Bは債務者Aから別荘の引渡しを受けられないにもかかわらず代金の3000万円は支払わなければならないという結論になる。この場合、消滅した債務の債権者(別荘の買主 B)が、目的物が消滅したことによるリスクを負担したということになる。

自己破産申し立て 自己破産申し立てているときに連帯保証人加入は法的に有効でしょ...

自己破産申し立て 自己破産申し立てているときに連帯保証人加入は法的に有効でしょうか?(続きを読む)




破産手続開始について

ください。 "債務者の破産手続き開始"というのがありますが、破産手続開始決定と破産手続申し立てというのは具体的にどうちがうのでしょうか? ある本では、"破産...(続きを読む)




破産裁判所がソリンドラ破産確認、エネルギー省とIRSの異議却下

訴訟事件の報酬の適正金額を上回る部分および破産申立事件の申立 ...

タイトー 店舗に血圧計設置






人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo04.blog8.fc2.com/tb.php/2619-880d0fcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。