FX

借金どうする?

借金・・・知らぬまに増えていく借金、最初は、ちゃんと返すつもりで借りたが、利息が高くて、返済が追いつかない・・・さぁー大変 色んな知恵を貰いましょう!

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産 破産 アート不動産

事実上の倒産

経済主体が企業である場合、 手形や小切手の1回目の不渡りから6か月以内に2回目の不渡りを出した場合、銀行取引停止処分となる。こうなると、すべての銀行において当座取引および貸付を受けることが不可能になるため、企業の資金繰りは断たれる。このような状態をして事実上の倒産と呼ぶ。このような場合でも、法人の解散事由(破産手続の開始等)が生じたわけではないから、法人としての存続は否定されたものではない。しかし、多くの場合には、法的倒産処理手続または任意的倒産処理(私的整理)に移行することから、当該時点において「事実上」という言い方を用いる。

なお、かつて新聞などでは、再建型の法的倒産処理手続(下節参照)に着手した場合でも「事実上の倒産」という言葉を使用していた。不動産売買成立後の売主破産 手付金の行方は? 中古住宅の購入を決意し、私は1割...

不動産売買成立後の売主破産 手付金の行方は? 中古住宅の購入を決意し、私は1割の手付金を払い契約をしました。残金支払前に売主(法人)が破産手続きを開始、(契約書に破産条項無) 相手弁護士は管財人選出後話合だと、私は白紙にしたい、手付けは戻らず(手付金保証制度非適用)、残金期限を私が越えると違約(売買(続きを読む)




自己破産前の不動産売買の否認について

名義の不動産売買をほぼ対価によって親子間で行いました。債権者は一社のみで、その債権者のもと不動産売買契約書も作成し、その分はすべて弁済しました。しかし、依然債務...(続きを読む)




天野水産:自己破産申請−−佐伯 /大分

接面道路が倒産した分譲業者名義のままになっている場合の重要事項 ...

Facebook決算見通しに悲観論






人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo04.blog8.fc2.com/tb.php/2562-1df36993
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。