FX

借金どうする?

借金・・・知らぬまに増えていく借金、最初は、ちゃんと返すつもりで借りたが、利息が高くて、返済が追いつかない・・・さぁー大変 色んな知恵を貰いましょう!

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人 破産 法人税

キャッシングの審査といえば、最近ではスピードキャッシングが当たり前のように考えられており、その分簡単な審査を行っているんだろうと誤解されがちですが、そうではありません。

その裏側では、非常に複雑な条件判断がなされています。

審査とは、いわゆる、「いくらまでその人にお金を貸せるか」を判断することなのですが、言い換えれば、「その人がいかに信用に足る人間なのか=その人の信用」を判断することでもあります。

これを判断する方法として最も簡単なのは、その人が、過去、どのようにキャッシングを利用してきたかを調べることです。これは、信用情報機関に照会すれば、すぐに調べることができます。

そして、次に、属性モデルの分類ということが行われます。

これは、その人の申し込み情報をもとに、ある共通パターンに該当するかどうかを調べ、その後の行動予測を予め取ってしまうということです。

これは、それぞれの消費者金融のノウハウでもありますが、現在ではかなりの高確率で、その人がその後完済するのか、滞納するのか、逃げてしまうのかといった予測ができるようになっています。

多いところでは90パターンもの分類に分ける企業もあるようです。

主に、以上2つの情報が判断材料となるのですが、そこから導き出された答えが金額に換算され、あなたに伝えられることになります。



オリジナルページ:キャッシュページ
http://cashpage.ddo.jp/contents-20.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-02-15 ]
http://www.freearticle.jp/contents-127.htm
法人が破産した場合、必ず官報公告にのるのでしょうか

法人が破産した場合、必ず官報公告にのるのでしょうか(続きを読む)




破産法の破産者の範囲

破産法第2条 4 この法律において「破産者」とは、債務者であって、第三十条第一項の規定により破産手続開始の決定がされているものをいう。 において、「破産者」の...(続きを読む)




日本エム・ディ・エム:第2四半期は経常・純利益とも大幅増益で黒字転換

会社・法人の破産について | LSC綜合法律事務所ブログ

ホンダがNSXの後継車を発表






人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo04.blog8.fc2.com/tb.php/2419-33e5a86e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。