FX

借金どうする?

借金・・・知らぬまに増えていく借金、最初は、ちゃんと返すつもりで借りたが、利息が高くて、返済が追いつかない・・・さぁー大変 色んな知恵を貰いましょう!

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 事件 破産管財人

キャッシングといえば、過去は「サラ金」というイメージから、「取り立て」という言葉が連想されましたが、現状は法的制限もかかっていますので、そのようなイメージとはかけ離れているといっても過言ではないほど、紳士的で丁寧な対応になっています。

ただし、通常の知り合い同士のお金の貸し借りを例に考えてみればごく普通のことですが、お金を貸した相手が返済日に返してくれないとか、連絡がつかなくなるというのは、貸した側にとってみれば非常に不愉快なことです。たとえ返済日が守れなかったとしても、最低限でも事前に連絡を入れる必要があります。それが守られない場合は、あなたの信用はどんどん落ちていき、ブラックリスト入りして消費者金融業界そのものから締め出されてしまう(お金が借りられなくなる)ことになります。

それでは、実際に具体的な流れを見ていきましょう。

まず、当然ながら、支払い期日までは何もアクションは起こりません。

支払い期日を過ぎた場合、次の日か、数日中に、電話か隠蔽ハガキで1回目の連絡がきます。ハガキの場合は、自宅に届きます。

1回目は通常マニュアルでの対応になり、督促というよりは、「期限が過ぎておりますが、ご存じでしたでしょうか?」というような、確認を促す内容のものです。

そこで、返済可能な日時の確認ができれば、その日まではまた連絡はありません。

その期日をさらに過ぎた場合、2回目の連絡が来ます。この連絡は、期日を過ぎた旨の連絡と、「どうなさいましたか」という確認となります。

さらにそこでの約束を破ってしまうと、ここからはマニュアルではなく、実質的な督促の内容の交渉に入ってきますが、営業が実際に自宅を訪問しての督促(訪問回収)に移行します。

場合によっては、一括請求の督促や、裁判所への届け出がなされる場合もあります。

なお、この訪問回収ですが、貸金業規正法という法律によって、以下の行為は禁止されています。

・正当な理由なく21時?8時の間に取り立てする

・大人数で押しかける

・張り紙をする

・勤務先へ訪問する

・暴力的な態度をとったり、罵声や暴言をあびせる

・家族や第三者への取立てをする

・弁護士介入後への取立てをする

・他の金融業者に貸入れさせて返済を要求する

ですので、訪問といっても、そう怖いものではありません。

それでは、債務者が本当に逃げてしまった場合の対応はどうなるのでしょうか。

ほとんどの消費者金融は、本社の管理部に回収専門の部隊を持っています。

この回収専門部隊は、債務者の実家に連絡を入れたり、債務者の住民票や戸籍情報を追うことで、粘り強く債務者を追うことになります。

(なぜなら、彼らはノルマを持たされているからです。)

ですので、逃げることはできないのです。



オリジナルページ:キャッシュページ
http://cashpage.ddo.jp/contents-38.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-02-25 ]
http://www.freearticle.jp/contents-332.htm

自己破産の管財事件について

自己破産の管財事件について自己破産を考えています。財産は自宅ぐらいなんですが、私と父の共有名義、私は保証人で請求がきております。残金は1番抵当に2000万、2番抵当に400万、自宅の時価額は1500万ぐらいです。返済はしておらず、2つとも債権回収会社に売られました。このような場合で、父はどうするかは(続きを読む)


免責決定通知が出るまでの期間

月に弁護士事務所に依頼をして自己破産を申し立てた者です。先日、10月12日に債権者集会(免責尋問)に行ってきました。免責不許可事由があったので管財人が入る少額管財事件として申し立てしていました。夏に、管財(続きを読む)


ひとつの記憶 破産開始決定二〇〇八年十一月二十六日





人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo04.blog8.fc2.com/tb.php/1273-7c9a330f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。