FX

借金どうする?

借金・・・知らぬまに増えていく借金、最初は、ちゃんと返すつもりで借りたが、利息が高くて、返済が追いつかない・・・さぁー大変 色んな知恵を貰いましょう!

Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 債権

債務引受(さいむひきうけ)とは、民法の法律用語であり、ある人が負っている債務が同一性を維持しつつ別の人に移転することである。なお、広義の債務引受には免責的債務引受(交替的債務引受、免脱的債務引受)、併存的債務引受(重畳的債務引受、添加的債務引受)、履行引受があげられるが、履行引受については、冒頭の債務引受の定義は当てはまらない点に注意が必要である。
不当利得

不当利得とは、財産的価値が一方から他方へ移動し、これによって利益を得た者があるときに、それをそのままにしておいては不当といえるとき、受益者から損失者に利得を返還させる制度である(民法703条以下)。

不当利得返還請求権の発生要件は、次のとおりであり、このような場合に、損失者から受益者に対して、不当利得返還請求権が生じる(703条)。

* (1)法律上の原因なく、
* (2)他人の財産または労務によって利益を受け、
* (3)他人に損失を与え、
* (4)受益と損失の間に因果関係が認められること

例えば、売買で代金を支払った後に解除原因や取消原因が判明し、解除や取消しが行われたとき、契約は消滅し、又は無効となるが、このとき代金返還請求の根拠条文として、解除の場合は545条1項がある。しかし、取消しの場合は、代金返還請求の根拠となる具体的規定は存在しない。したがってこのときは、不当利得の規定を根拠に不当利得返還請求することになる(取消しでの物の返還請求の場合は目的物の所有権に基づく物権的返還請求権を根拠とできるが、代金返還請求の場合と同様に不当利得返還請求権も根拠となる)。


民事執行手続の停止等

特定調停に係る事件の係属する裁判所は、事件を特定調停によって解決することが相当であると認める場合において、特定調停の成立を不能にし若しくは著しく困難にするおそれがあるとき、又は特定調停の円滑な進行を妨げるおそれがあるときは、申立てにより、特定調停が終了するまでの間、特定調停の目的となった権利に関する民事執行の手続の停止を命ずることができる(特定調停法7条1項本文)。
これは、一般の執行停止(民事訴訟法398条、民事執行法36条、民事保全法27条など)よりも緩やかな要件で執行停止を認めるものであり、また、特定債務者が立担保の資力に乏しい事案が多いことから、無担保で発令されることも少なくない。


自己破産申請のための必要書類を揃え今月始めに弁護士に提出しました。20日ごろ弁....

会社が破産し破産債権で退職金を申請していたのですが、管財人から「退職金規定が....

破産債権届出書の書き方が分からないので、教えて下さい!!

破産債権届出書について!

自己破産に関して教えてください。公正証書を組んだ相手がいて、「オレも自己破産....

千代田興産と関連2社が自己破産を申請していたが、破産手続き開始決定 ...

東京 債務整理 債務整理マニュアル




コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo04.blog8.fc2.com/tb.php/1092-1a1f9333
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。